手汗を止める薬

手汗を本気で止めたいなら薬がおすすめ

夏になると、普段は汗なんて気にならないという人でも、滴り落ちる汗をどうにかしたいと思いますよね。それが大好きな人の前ならなおさら。デートでも汗が気になって手を繋げない、におってないか不安で近づけない。そんな悩みをかかえている方におすすめしたいのが手汗を止める薬です。

 

薬と言っても、おすすめしたいのはハンドクリームのように手につける商品です。手汗が出る前にこの薬を塗るという習慣をつけることで、手汗の汗腺を収縮させ、手汗自体が出にくい体質にしてくれます。

 

こういった商品には、実は種類がたくさんあり、いざ自分で選ぼうとなると迷ってしまうものです。そのため、ランキングサイトなどを参考にして自分に合いそうなものを選ぶと失敗が少ないです。
手汗を止める薬にはどんな商品が?ランキングでご紹介

全身の汗にはサプリがおすすめ

手汗だけでなく、全身の汗を止めたいんだけど・・・という方には、サプリでの汗対策が有効です。飲む薬で汗を止めるということもできますが、それには病院で薬を処方して貰う必要があるため、わざわざ病院に行くのは・・・という方にはハードルが高く感じてしまうかと思います。サプリなら通販で手に入れることができ、天然由来の体に優しい成分で作られているものばかりなので安心です。

 

しかしサプリは薬とは違うため、効き目に即効性はありません。多くの人が、2週間ほど飲み続けた頃に効果を感じ始めていますが、人によってはもっと時間がかかることもあります。また逆に、飲んだ翌日には実感できたという人もいるので、本当に個人差の大きいところです。

薬とサプリを以外の方法

手汗対策のクリームや全身の汗に効くサプリを飲む以外にも、汗を止める方法は存在します。それは手術、注射、機械での治療などです。どれも高額なお金がかかったり、副作用が心配される方法なため、初めての汗対策には向かない方法です。しかしその分確実性はあるため、経済的に余裕がある場合はコチラのほうがおすすめできます。

 

まず手術ですが、これは10万円程度で出来、半永久的に効果が持続します。しかしその代わりに高確率で副作用が起こるのですが、それが代償性発汗です。手からの汗が出なくなる代わりに、背中や胸、頭など他の部位から大量の汗が出るというものです。季節問わず、少し暖かいというだけで発汗するようになる人もいるため、安易に手術に踏み切るのはおすすめできません。

 

次に注射ですが、これが一番お金がかかります。手のひらの数十箇所に注射をして手汗を止めるのですが、数ヶ月に一度の間隔で注射を打ち続けなければならない方法です。かなり安全性が高く確実性のある方法ですが、定期的な病院通いが必要になるためそれを苦痛に感じる人もいます。しかし注射に抵抗がなく、経済的に潤っているという方ならこの方法が最もリスクのない安全な方法でしょう。

 

最後に機械での治療ですが、これは年々新しい治療器具が開発されているため、最新の方法を確認してみることをおすすめします。これまでにメジャーな方法とされてきたのがイオントフォレーシス治療で、最近はビューホット治療というものも出てきました。それぞれにメリットやデメリットがあるため、取り扱っているメーカーや病院にしっかり確認して施術を判断してみて下さい。