着物を処分したいなら買取処分がおすすめです。

着物の処分なら買取がおすすめ

親族の遺品や、嫁入りの際に持ってきたものなど、着物がたくさんタンスの中で眠っているという人は多いですよね。
冠婚葬祭ぐらいしか着物を着る機会がないという人は、着物の知識も少ないことが多いので
いざ着物を処分しようと思っても、どうすればいいのか分からない!なんてことになりがちです。

 

着物にシミや穴が開いている場合、どうせ売れないだろうと思って焼却処分を考えてしまうかと思いますが、
最近は若い世代の着物ブームや、東京オリンピック効果による外国人の着物の需要が高まっているため、
難のある着物でも買い取ってくれることが多いんです。

着物の買取処分の方法

着物の買取処分をしてもらうには、直接お店に持ち込む方法、宅配で送る方法、自宅に出張してきてもらう方法があります。

 

着物を持ち運んだことがある人なら分かると思いますが、着物って案外重いんです。
着物の入っている箱自体がすでに大きいため持ちにくいというのも大きな問題で、
車で直接お店まで運ぶにしても、着物の枚数が多いとかなり重労働になります。
そのため、最近は出張買取で着物を処分する人が増えています。
直接自宅に買取業者の方が訪問して着物を査定し、金額を提示してくれます。
納得のいく金額だった場合のみ買取処分してもらい、代金はその場で現金支払いされます。

 

昨今は「押し買い」という悪質な詐欺事件が横行しているため、
査定員さんに直接家に来られるのは怖い・・・と思う方もいるかもしれません。
しかし、きちんとした業者を選べばそのようなことは絶対にありません。

 

それでも万が一・・・という不安をぬぐいきれない方は宅配で査定してもらうという方法もあります。
また、出張買取ができない地域にお住まいの方も宅配の方法がおすすめです。

 

宅配買取は、自分で段ボール箱を用意して業者へ送り、
査定結果を電話で聞いて、買取処分してもらうか決めるというものです。
この方法の難点は、金額に納得がいかず返品してもらうことになった場合、
その返送料は自分で払わなければならないことです。
また、着物を入れる段ボール箱を用意するのも大変だと思いますが、
業者によっては宅配キットを一式無料で送ってくれるところもあるので、そういったサービスを利用すると便利です。